読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳の運動

文を書く練習と忘備録、日々の活動などについて。

「君の名は。」を見た話。(ネタバレなし)

こんちわ。

 

こないだの日曜に、友人と2人で映画君の名は。を見てきました。

内容に触れるのは避けますが、ハチャメチャに素晴らしかったです。

素晴らしすぎて、生活に支障が出ているほどです。

 

ぼくはもともとアニメ映画に抵抗があり、公開当初は全く見るつもりがありませんでした。日本のアニメ映画の代表と言われている細田守監督の作品は一つも見たことがありませんし、スタジオジブリ作品はナウシカラピュタ平成狸合戦ぽんぽこくらいしかちゃんと見ていません。

そんな僕が手放しで絶賛し、翌日にもう一度見に行き、小説版を買っちまうような内容でした。食わず嫌いは良くないですね。

まだご覧になっていない方は是非、なにとぞ映画館でご覧になってください。

DVDやブルーレイが出るまで待つ、と考えている方。とにかく劇場へ行くんだ。早く!

 

で、「君の名は。」を見た後で、同映画を監督している「新海誠」氏の作品を見ました。

 

映画「言の葉の庭」(2013年)

映画「秒速5センチメートル」(2007年)

映画「ほしのこえ」(2002年)

映画「雲の向こう、約束の場所」(2004年)

映画「星を追う子ども」(2011年)

CM「クロスロード」(2014年)

ショートフィルム「だれかのまなざし」(2013年)

 

上記の順番で一通り見ました。我ながらメチャクチャですが、友人が「言の葉の庭だけは見とけ」と言っていたので、とりあえず一番初めに。

そのあとはタイトルがいいなぁと思った順です。

10年以上前の作品もあるため、飲み込むのに苦労した部分はありますが、概ね全部面白かったです。

映画については、どの作品も賛否がはっきり分かれる内容だと思います。

 

で、ここからが本題です。

君の名は。」をに行く前に、可能な限り新海誠氏の過去作を、映画だけでもておくことをお勧めします。もう「君の名は。」をちゃった人は、今からでも過去作をて、もう一度劇場に足を運んでください。場所によっては12月まで上映しているそうなので(違ったらごめんなさい)、まだ間に合う!

過去作が合う、合わないにしろ、見ておいて損はありません。「なんだこれクソつまらん」と思ったとしても、「君の名は。」でいろいろなことが納得できると思います。

特に、「言の葉の庭」と「秒速5センチメートル」を見ておくと、ハッとするでしょう。友人の言う通りにして本当によかった。

 

とりあえずぼくはもう一回見に行こうと思っています。

君の名は。」は見るたびに発見がある作品なので、何度も楽しめます。

 

で、この映画のおかげで激しく心が洗われたのですが、洗われすぎて過敏になってしまったようで。

空を見上げるだけで泣きそうになったり、歩いているだけでドキドキしたり、道行く人の話し声に聞き入ったり、脳内で勝手にモノローグが流れたり。

特に深刻なのが、1日中胸がキュンキュンしていること。恋する中学生か。

ぼくは外部からの影響を激しく受けてしまう性質なのですが(悪く言えばだまされやすい)、生活に支障が出るレベルに至ったのはたぶん初めてです。

誰か助けてください。

 

以上、JR代々木駅よりお送りしました。

 

 

ああっダメだ。キービジュアルだけで泣いてしまう。